マンションのクラフトペーパー

賃貸管理システムで契約更新予定や進捗状況確認が可能になる

賃貸管理を行っている会社やオーナーにとって、契約更新に関わる業務を効率化したいと感じることは少なくはありません。契約更新の対象を予定リストとして一括で確認したい、更新案内を送付した賃借人からの返送を進捗管理したいというなら賃貸管理システムを導入しましょう。
賃貸管理システムは、契約日と契約期間の情報から契約更新月を自動計算し、契約更新予定リストを作成してくれます。また、契約更新案内を賃貸管理システムで印刷できるため、送付漏れを防ぐこともできます。また、進捗状況の管理を行うことができ、契約更新手続きを賃借人が忘れていないかを把握し、速やかに適切な対応を講じることもできます。更新予定リストは数か月先や1年先のものまで把握できるため、大学生や専門学生が多いというなら時期を見定めて、新規募集の準備や原状復帰作業を行う業者の手配にも役立てることができます。そのほかにも、進捗状況の情報をスタッフで共有できるため、業務負荷分散を行うためサポートを行う際には引継ぎ作業も不要になります。また、契約更新のタイミングの問い合わせがあった際には賃貸管理システムから予定を速やかに検索でき、その場で回答することも可能になりますので非常に便利です。

最新の情報

最新記事一覧

Top