マンションのクラフトペーパー

賃貸管理システムで請求とオーナーへの送金を効率化

賃貸管理を行う上で、請求書の発行と入金管理そしてオーナーへの賃料送金は必要不可欠です。さらにこれらの業務は金銭が関わるためミスも許されず、誤った請求書の送付などはクレームにも繋がります。そこで賃貸管理システムを導入して、請求書の発行から入金管理そしてオーナーへの送金を一元管理してしましょう。
賃貸管理システムを利用すれば、銀行と接続するファームバンキングシステムやインターネットバンキングで抽出した入出金データを取り込みするだけで消込作業ができます。口座名義人の情報と請求金額を自動的に付き合わ、人手による作業がなくなります。さらに消込ミスの問題がなくなる上、請求金額の確定も入金管理データと連携でき、重複請求も防げます。また、賃貸管理システムを利用すればオーナーへの送金データも自動作成でき、入金確認後速やかに送金するという対応も可能になります。そのほか、賃貸管理システムを導入することで、これまでは銀行振込でしか対応できなかったものが、口座振替データも作成できるようになり賃借人の負担軽減や振り込み漏れという問題も少なくできます。さらに入金データを定期的に連携させることでスピード感のある消込ができるようになり、資金計画にも役立てられます。

最新の情報

最新記事一覧

Top