マンションのクラフトペーパー

賃貸不動産で必要な預り金管理も専用ソフトでシステム化

賃貸管理において、入金や出金管理は必要不可欠なものであり、家賃の請求から入金情報との消込、オーナーへの振り込みは基本業務です。しかし、不動産管理では家賃の入金管理だけでなく、預り金の管理も重要になります。そもそも、契約時には管理会社もしくはオーナーは賃借人から敷金を預かっています。賃貸管理システムを導入することで預り金を把握して、ミスで使い切ってしまうことを防止できます。
賃貸管理システムでは、どれだけの預り金が発生しているのか全体そして個別契約で把握することができます。つまり、原状復帰費用や返金の際に敷金が残っておらず、原状復帰どころか返金すらできない事態がなくなります。契約時に入金された情報から家賃、敷金や礼金を賃貸管理システムが把握します。また、これらの預り金だけでなく、過入金や賃借人の過失による修繕費用などイレギュラー入金にも対応できます。管理会社では、オーナーに間違って送金してしまうということも防げ、オーナーには基本となる家賃だけの送金で済みます。また、預り金の管理ミスにより契約解除後に費用精算が遅れ、返金に時間を要しクレームに発展することも賃貸管理システムを導入することで解決できます。家賃の入金管理だけでなく、預り金も確実に管理できる賃貸管理システムを導入しましょう。

最新の情報

最新記事一覧

Top